気になる薄毛、これはもしかしてAGAなのか

>

AGAとはどんな症状の病気なのかを知る

自分はもしかしたらAGAかもしれない

髪の質は人それぞれなので、元から髪の毛が細くて量が少ない人もたくさんいます。
そういう人が全員AGAになる訳ではなく、男性ホルモンの異常などから徐々に毛が抜けていき生えていない部分が多くなります。

また、AGAの場合は遺伝もあるそうなので家族に薄毛の人が何人かいるときは自分も将来的に薄くなるかもしれないと注意した方が良いです。
AGAの症状は、抜け毛が増える事で気づきます。
早い人では中学生の頃から髪の薄さに気づく人もいるぐらいです。

髪の質も、細く弱々しいという特徴があります。
薄くなる場所も人それぞれで始めは小さめだったのが、ゆっくりと進行していき薄毛になる面積が広がっていきます。

少しの薄毛であれば、あまり気にならないとは思いますがAGAは必ず進行していくものです。
もしかしたらAGAかもしれないと常に疑う必要がありますね。

AGAの症状をもっと詳しくしりたい

AGAと言われると薄毛になる症状が挙げられますが、生まれつき薄毛の人も世の中にはたくさんいます。
そういう人達は、AGAとはまた別の病気ですのでそこは間違えない様にしないといけませんね。

もしかしたらAGAかもと思っても自分では判断出来なくて迷ってしまいます。
迷っている間にも必ず進行しているAGAについて、もっと詳しく症状を調べてみましょう。

元々はしっかりとした毛質だったのに、成人をした頃から何となく細く弱い毛に質が変わった様に感じる。
頭頂部に小さなハゲを見つけた、額が広くなったなど何かしらの変化があらわれます。

毛の質が細くなって弱々しくなっただけでは自分ではあまり気づかない事もあると思いますが薄くなったかなは毎日鏡を見ていれば気づくことが出来ます。
一緒に住んでいる人がAGAの事を知っていれば、もっと早めに気づいてもらえるかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る